保湿

化粧水をつけた後はしっかりとオイルで保湿&肌のキープに徹しましょう。そうすることで日中を通して美しい肌を維持することができます。

通常は乳液やクリームで保湿するのですが、それより最も良いものがあります。

 

保湿にあったお肌にあったオイルを!

手作り化粧水をつけた後、手とお顔に水分がまだ残っている状態でオイルを数的なじませてあげると保湿力が上がります。

保湿するためのオイルとして良いものはクレンジングとして使うオイルとほとんど一緒です。

 

乾燥が気になる方はオリーブオイルや椿オイル。脂性ニキビ肌の方は誰にでも使いやすいスクラワンオイルが大事です。

よく使うコツは、酸化しやすいので開封すると早く使ってしまわなければないこと、高値であることが特徴なのです。

脂肪酸とグリセリン

オイルは脂肪酸グリセリンからできています。脂肪酸が含まれている割合、オイルの質で全てが決まります。

脂肪酸を多く含むオイルには、皮膚の再生を助ける効果があり、馬油に多く配合されています。

 

オイルは植物・動物のものがありますが、体質によってはアレルギー反応を起こすこともちらほら。

まずはご自身で使ってみて、お肌に会うものを選びましょう。

オイルを使う方には、アレルギー反応が起こりやすいものもあるので、刺激性の低いスクワランオイルがオススメです。