今人気のバルクオム。

このページでは、バルクオムの正しい使い方を解説していこうと思います!

バルクオム評判

バルクオムの正しい使い方

the face wash

5円玉ほどの大きさを手に取りましょう。

それを洗顔ネットに乗っけて、お湯を加えながら泡立てていきます。

お湯というよりもぬるま湯がいいという方はそれでも構いません。

空気を存分に含ませながら、大きく大きく混ぜていくことがポイントです!

洗顔ネットと洗顔料で泡だてていくことで、だんだんと体積が増していきモッコモコの大きな泡が完成します。

 

まるで、雲のようなモコモコ泡を顔につけていきます。

の前に、顔をぬるま湯でぬらしておきましょう。

そうすることで、毛穴が開き効率よく洗浄することができます。

皮脂がごっそり落とすメカニズムですね。

 

泡を顔につけたら、泡をゴロゴロと転がすように塗っていきます。

その際は優しく丁寧に、こすらないのがポイントです。

特にテカリがきになるところにピンポイントで洗っていきましょう。

 

泡で顔を洗浄し終えたらお湯で洗い流しましょう。

洗い上がりはスッキリ!

これこそバルクオムの評判や口コミが高い要因ですね。

それでは化粧水で保湿していきます。

the toner

まず、バルクオムの化粧水を手のひらに100円玉ほど乗せます。

手のひらで軽くまぜまぜした後に、顔全体に塗ったくりましょう!

顔全体をハンドプレスするのがオススメです。

目元・口元・あご周り・耳の裏など気になるところは、バルクオムの化粧水で保湿していきます。

肌が手にくっつくなと感じたら終了の合図です。

バルクオムの化粧水が角質層にまでしっかり浸透し、肌に潤いが与えられた証拠です。

これもバルクオムの評判が良い理由の一つです。

the lotion

バルクオム評判

最後にバルクオムの乳液で、外部ダメージから肌を守っていきましょう。

外部ダメージとは紫外線などが該当します。

バルクオムの乳液も化粧水と同じように、手のひらで顔全体をハンドプレス!

入念に保湿していきます。

肌表面にベタつきがなくなって、肌がもちもちしたら終了のお知らせです。

これでバルクオムの正しい使い方についての解説は以上です。

写真付きでバルクオムの評判や効果、成分が知りたいという方は下の記事を参考にしましょう。

バルクオムのレビューサイト

バルクオムの評判